銚子市の地域バーチャルタウン(事業者情報):銚子アッとタウン

千葉県銚子市 ㈲杉浦(杉浦造花店) 葬儀:葬祭:花輪:霊柩運送事業:仏壇・仏具販売

QR-Code
最新情報 rss
2017年02月01日(水)

花輪の由来

生花又は造花を輪の形に編んで、表彰あるいは慶弔の意を表す為の贈り物です。

花輪の起源は、ある種の植物に魔力が潜むという、俗信に基づく古代ギリシャでは月桂樹に病魔を退ける力があると信じられ、病人のいる家の戸口に、その小枝が掲げられたが、やがてそれに花が加わり、花ずな(採)や花輪が作られるようになった。

ローマ時代には国家の勲功を表徴するシンボルとして、さまざまな花冠が制定された。

その後、慶弔の際に花冠と花輪を用いる風俗は次第に一般化して、キリスト教にも取り入れられて欧州全土に広まった。

現在日本において、葬儀や開店祝にも使用されている花輪は造花による大型が多い。

古代ギリシャが発祥とされているが、やがて欧州全土に用いられていったのだが、その国の象徴にと、行く先々で変化や改造をされてきた。

各宗教で、他の風習を、キリスト・イスラム・仏教等にて取り入れられるのは、花そのものが野辺に、祝にとされているので、他宗教でも取り入れられてきたのである。

但し、取り入れるのに各宗教では、花そのものが中心ではあるが、日本の場合は造花で商業化(保存方法も含む)をしている。

因みに台湾や中国では、花輪は小さいが、生花を使用している。

熱帯地方で花が枯れやすくても、生花でなければならない習慣は根強いものがある。

日本では地方(九州)によっては、花輪でなく一切が提灯である。

(関東地方での新盆に、玄関先又は、墓地に掲げる提灯のように、白く無名の提灯を、花輪と同じように整列させて飾る。)

何れにしても花で飾り、花で囲み、花で送ることは死者に対する、最後の送り花として、人間の美しさを表現しているのである。

但し、日本の花輪が世界一大きいのは造花と、誇張と商業化としての代表的に写るのである。

千葉県銚子市 ㈲杉浦造花店 葬儀:葬祭:花輪:霊柩運送事業:仏壇・仏具販売

〒 288-0074千葉県銚子市橋本町1969-1
銚子駅より橋本町一丁目バス停下車0分
銚子電鉄本銚子駅下車5分

TEL 0479-22-0179 FAX 0479-22-0187